思いつめずに話し合おう

うつのチェックでわかること|早期発見に繋げよう

うつ病は大変な病気

カウンセリング

気分が落ち込み、何をしても楽しめない症状は普通の人によくある感情です。うつ病ではない限り、数日もすればすっかり元気になるでしょう。一方、うつ病は落ち込む期間がとても長く、常にイライラした状態です。気持ちの波が激しいのでストレスもかなりあるでしょう。サポートする側はうつ病患者への接し方に気を付けなければならないので神経がすり減り、共倒れになることもあります。うつ病とはどのような病気なのかをしっかり理解しておくとサポートする側も肩の力を抜いて世話が出来るでしょう。うつ病は、現代人に流行っているこころの風邪といわれていますが、予備軍を合わせると大変多くの人がうつ病になる可能性をもっています。人間だれでもうつっぽい症状になりますが症状が悪化すると生活に支障をきたす恐れがあるため、うつ病になる可能性があると感じるならネットや病院を受診してうつのチェックをすることが早期発見に繋がります。

うつ病を引き起こす原因は、脳内にある神経伝達に必要な物質がバランスを崩したことで発症するものです。このバランスが崩れると何もする気が起きなくなり不眠症や食欲低下がみられます。たとえば、定時を回っても仕事が片付かず終電まで仕事をする生活を一か月続けると、最初はやる気があるので頑張れますがだんだん限界がきます。精神的負担も相当なので、ごはんを食べる気力もなくなるでしょう。仕事のことで頭がいっぱいですから夜眠れなくなることもあります。逆に、入眠しても途中で起きてしまう等もありこれがきっかけで昼間強い睡魔がやってきて仕事に支障をきたすこともあります。普段仕事をバリバリこなしている人がある日を境に初歩的なミスを犯すようになった場合注意が必要でしょう。こころと体が悲鳴をあげている証拠ですしうつ病をすでに発症している可能性が極めて高くなります。この場合は、抗うつ剤を服用して仕事から距離を置くとだんだん症状も和らいでくるでしょう。大体は三か月安静にすれば気持ちもすっきりするのでまた仕事を頑張ることができます。とはいえ、仕事関連でうつ病を発症した場合自分では処理しきれない仕事量をさばくことはうつ病を再発させる危険があります。よって仕事を分割することも大切でしょう。この場合、上司や同僚の協力が必要なので周囲もうつ病について理解する必要があります。もし周囲にうつ病の症状が出ている人がいた場合、気軽にできるサイトチェックを勧めてみましょう。それか、病院に行くことを勧めると早期治療が望めます。

症状がいくつかある

女の人

うつ病のチェックをした時に、その疑いがある場合は早急に病院を受診しましょう。早期の時点で治療をすれば悪化せず病気と上手に付き合うことができます。またチェックをするためにも症状について知りましょう。

大切な人へのサポート

男女

大切な仲間や家族がうつになった時、普段と違う場合はサイトを利用してうつ病のチェックをしていきましょう。その時どのようなサポートが必要になるのか分かりますし接し方も慎重になります。

相談をする

ウーマン

うつ病のチェックで可能性が高くなった場合は、心療内科や精神科へ相談をしましょう。専任のカウンセラーがついているのでとてもタメになりますし力にもなってくれ、有難い存在です。

リンク

  • うつ病サプリ

    うつのチェックについて知りたい人はいませんか?ここで案内されている内容を確認しておくようにしましょう。
  • うつアカデミー

    うつのチェック内容を事前に確認しておくことができるようになっています。気になる人はここを見てみましょう。