レディ

うつのチェックでわかること|早期発見に繋げよう

大切な人へのサポート

男女

症状をチェックした時にうつ病だと分かった時点で、本人はとても苦しんでいます。中には、うつ病の友達や家族を持つ人もいるでしょう。うつ病患者への接し方にも細心の注意が必要ですし、安易に頑張れ等の言葉もかけられません。がむしゃらに頑張ったことがうつ病を引き起こしたため、チェックの時点でうつ病だと分かった場合はゆっくりと話を聞く時間を設けることが改善の近道になります。とはいえ、話を聞くといっても話の内容に理解出来ない理由から反論することもあります。しかしうつ病を患っている以上、こうした否定的な言葉が症状を悪化させるので相手の気持ちを汲み取りどんな内容でも否定しないことが重要でしょう。また、質問を何度も繰り返したり話したがらないことを聞き出したりする行為も症状を悪化させる要因です。

うつ病のチェックで病状が悪化していると知った時は、患者への対応にも気を遣わないといけません。一番重要なのは、うつ病患者がゆっくりと休める空間を作ってあげることです。今までの経緯がうつ病を発症させたのならその環境から脱出することが何よりも大切でしょう。仕事が忙しい上に規則正しい生活が難しいなどの理由からうつ病になったとしたら仕事を休み、十分な休息をとることに集中すべきですし家庭環境が原因のうつ病だと、家族が率先して家事や育児の手伝いをすることも大切です。ただ、気分転換になるからと旅行に連れ出すのはまだ早いです。確かに、外の空気を吸い様々な物に触れることはいい気分転換になりますが心のエネルギーが消耗している以上逆効果になる可能性も否めません。無理に気分転換を勧めないこともうつ病患者への正しい接し方でもありますから気長に待ちましょう。

心理的に視野が狭くなり、判断能力も低下している時に離婚や結婚、転職、退職といった人生で最も大きい変化が伴うと、自身で処理しきれなくなりうつ病になるケースがあります。チェックの時点で早期発見ができれば早めに治療をして改善を図れますが、その時の対応にも注意しましょう。大きな決断を迫るのは心に大きな負担を与えるだけですし、仮に症状が落ち着いていたとしてもまだ万全ではありません。大きな決断を迫ると、せっかく安定していた症状に悪影響を及ぼすことになりかねないので回復を待ってから、生活へのアドバイスをしていきましょう。うつ病になると、気持ちに余裕がなくなり精一杯になります。その中で、何度も死を考えるうつ病患者も少なくありません。無理に励まさない、気分転換を強要しない、決断を迫られた時は無理に勧めないなどの接し方は今後回復を見込む上でとても大切なこです。しかし、うつ病患者への接し方を一歩間違えると、自殺する可能性も上がりますからそっと寄り添う程度でサポートをしましょう。うつ病患者は、病気を発症したことで皆に迷惑をかけて申し訳ないという気持ちでいます。そして責任を果たせていないこと、自分はダメな人間だと思い込み、生きる価値を見いだせなくなります。そうなる前に、うつ病患者への正しい接し方を習得し、サポートする側も知識を深める事ができれば悲しい結末を迎えることはなくなるのです。