レディ

うつのチェックでわかること|早期発見に繋げよう

相談をする

ウーマン

現代人を苦しめるうつ病は、年代関係なく多くの人が患っています。仕事で忙しく、毎日帰りが遅い生活も、サイクルが狂うので精神面にも大きな負担をかけるでしょう。急な妊娠発覚や、結婚、愛する人の死、環境の急激な変化もまたうつ病を発症させる要因になります。うつ病のチェックをした時点でそのような傾向があるのなら迷わず心療内科や精神科へ足を運びましょう。精神を安定させる薬とカウンセラーによる治療を取り入れ、社会復帰できるまでに治せます。ただ、うつ病のチェックで確実になった時、周りに相談できる相手がいないと寂しさを感じます。また、別に暮らす家族に迷惑はかけられないと一人で頑張るでしょう。最近はうつ病患者に向けた相談窓口が設置されており、電話相談では実に多くの人が活用しています。うつ病になったことへの不安、社会復帰に関する悩み等は経験値の高い相談員がしっかりと対応するので心配はいりません。チェックの時点でうつ病の疑いがあるのなら一人で抱え込まず誰かに吐き出すことも検討しましょう。気持ちがすっと楽になり利用してよかったと心の底から思えます。

心療内科や精神科での治療は薬物と精神療法、カウンセリングの三つを組み合わせて行います。カウンセリングでは、複数回にわけて話を聞くのが一般的で、今の気持ちの状態と生育歴、家族の事について詳しく質問されることもあります。それらをカウンセラーが記録をし、患者に今必要な治療が何なのかについて考えます。この時に治療方針を確定する場合もあり、数々の治療を組み合わせながらうつ病の克服に向けてサポートをしていきます。治療方針に関しては医師から詳しい話があるので出来れば家族かパートナー同伴で話を聞くといいでしょう。これはサポートする側も治療方針を理解して、全面的にサポート出来るようにするためです。カウンセリング技法の一つである認知行動療法に考え方のクセを取り除くというものがあります。個人が頭で考える事は全く違います。そのクセをカウンセリングの時点で見抜ければ、根本的な治療を施すことが可能でしょう。よく使う例え話では、コップに入っているお茶やジュースを見て、まだ半分残っていると思うのかそれとももう半分しか残っていないと落胆するのかで気持ちが変わってきます。ストレスの種類が同じでもまだ半分残っていると前向きに考える事ができれば心に与えるストレスを軽減さられるでしょう。この治療を回復するまで地道に続けることで、うつ病の症状を和らげることができます。

うつ病のチェックで発症していた場合、カウンセリングの力が必ず必要ですが人間関係に問題を抱えている時も力になってくれます。また、人間関係に悩む多く人は自分が持っている意見をうまく伝えられない傾向があるので、そのトレーニングも病院の治療に入れる事があります。ついカッとなり周囲に当たり散らすのもうつ病が悪化している印でしょう。そのような時も強い感情を上手にコントロール出来る療法を取り入れるので、感情の出し方にも注意することができます。まずは相談をしてみて、現状をチェックしましょう。